名刺に入れなければいけない必要事項

名刺イメージ

名刺というものの機能は、自分という存在や所属する会社を認知してもらい、必要とあれば連絡をしてもらうということになってきます。
そのために、営業品目を記載したり、メールアドレスを入れたりしていくことになるのです。

絶対に入れなければいけない、必要事項といったものはありませんが、名刺をもらう立場として考えていくと、なければいけないものが見えてくるはずなのです。

必須事項として、自分の名前はなければいけないでしょう。
覚えてもらうためにも連絡をいただくためにも、なければ名刺と手の機能を果たしません。
次に所属があげられます。
はじめてあった人は、そこまで記憶に残るものではありません。
どこの誰なのか、はっきりわかるようにすることは、名刺にとってなくてはならないものなのです。
仮に個人事業だとしても、それがわかるようにしておくことは、相手にとって有益なことになるといえます。
そういった行為が、良好な関係を築くために必要となるのです。

どこの誰なのかわかったら、連絡をしてもらうための、住所、電話番号、メールアドレスが必要です。
こういったものがなければ、どこに連絡していいかわかりません。
携帯電話も最近では当たり前になっていますので、記載しておくといいでしょう。

必要事項として考えたとき、ここまでのものが最低限必要なものだといえます。
あとは、いかに印象を残すかということになってきます。

職業によっても手法が違いがあるため、これが正解だということはありませんが、受け取る側を気遣って作ることが、大事なマナーにつながるといえるでしょう。

ページの先頭へ